>  > 希望といえば風俗でしょう

希望といえば風俗でしょう

人生の中で希望があるとすれば風俗ですね。これはもう紛れもない事実なんですよ。だって仕事なんて面白くもないし、生活のための手段って感じですよね。でも風俗だけは心から楽しいって思えますね。それに風俗ってそこまで頻繁に利用出来ないのでいつも腹八分みたいなものじゃないですか(笑)宝くじでも当たったら思う存分楽しみたいって思っていますけど、でもなかなか当たるものではないので、たまにの風俗の時間くらいは思う存分堪能したいなって思いますよね。お気に入りの女の子もいますけど、いろんな女の子と楽しみたいって気持ちの方が強いので割といろんな女の子と遊ぶようにしています。フリーの時もあれば指名する時もあります。そこら辺は本当にフィーリング次第って感じですね。その日の感覚次第で何が答えなのかが違うのが男の性欲だと思うんですよね。それに、そういった形で自由に楽しめることこそが風俗の醍醐味なので、自分にとって希望そのものですよ。

帰宅するはずが風俗に来た

本当はその日は真っすぐに帰宅するつもりだったんですよ。だから会社からすぐに電車に乗ったんです。でも結局風俗の誘惑に負けてしまいました。というのも、途中に風俗街があるんです。いつも電車からネオンとかが見えるんですね。その日は本当に真っすぐに帰ろうって思っていたんですけど、あのネオンの光達を見たら自分の中で「風俗でも…」って気持ちになってしまって、結局そこで降りて楽しんできました。でも、一応自分に予防線は張っていたんですよ。もしもですけど、既に受付終了ならもう諦めようと。でもそんな時に限って「すぐに入れますよ」って。もうこれは風俗に誘われているんだろうってことで、思い切り楽しんできました。これもこれで本当に楽しいというか、なんだかんだ理由を付けても男にとって風俗は特別な存在なので、思い切り楽しめて自分としても何も言うことはありませんね。ただこの誘惑は毎日あるってのがなかなかハードルが高いですが(笑)

[ 2017-01-07 ]

カテゴリ: 風俗体験談